楽譜ソフトで楽譜書いたら。朝からヤキモキした話。

2021年08月30日

わが母の教え給いし歌の呪い

前回の日記のつづき。

自分で入力したドヴォルザークのわが母の教え給いし歌↓。


これが、いい曲~と、何回も聞きたくなって、聞くのです。
何回も聞くうちに、私はおかんにどんな歌教わったかなー?と余計なことを考えだしました。
全然記憶に無い。


あ、一つ思い出した。
小学校低学年ぐらいだったかな。


♪た~で~ た~で~ が~き~つ~
い~るま い~るま いるまんま~  (つづく)


↑これ、何かわかります?
反対から読んでみて。

♪出た 出た 月が
丸い 丸い まん丸い

ですよ。


ろくなの教わってないな
うちのおかん、何なんだ。


教わった歌が一つだけで、しかもこんなアホな替え歌だなんて、と大笑いして、よせばいいのに小4のお姉ちゃんにこのことを話してしまいました。


...娘の「わが母の教え給いし歌」も、♪が~き~つ~、になってしまいました


私、他に歌教えてなかったみたい。
小さい時に童謡が聞けるおもちゃで、一緒に歌ったりしたのにね。
童謡のCDもたくさん聞かせたつもりだったけど。


呪いか?
久しぶりに大笑いしました。


笑ってる場合じゃないかも。
娘ちゃんは同じ轍を踏まないで欲しい。

血筋的にアホ→マヌケ→と来て、次が立派な人になるのはちょっと無理があるかも。


まあ、でも、お姉ちゃん頑張って!





コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
楽譜ソフトで楽譜書いたら。朝からヤキモキした話。