わが母の教え給いし歌の呪い

2021年09月03日

朝からヤキモキした話。

私の住む市はワクチン接種がめっちゃ遅くて、全然若くない私の年齢でも、2週間後に予約が始まって、10月から接種が始まります。
遅い。遅すぎ。


学校始まったらクラスターあちこちで発生して、うちも家族全員感染して、私だけ死ぬのかなー?なんて悲観していたら、ダンナの会社でもやっとこ職域接種することになりました。



今日からダンナの会社の職域接種の予約が始まったそうです。
会社から一斉メールが来て、メールで案内されているサイトで個人別に登録、予約と進むようです。

私も家族枠で申し込んでもらっていました。
会社に行ったダンナから電話がかかってきました。
「メール来た?」


来てないけど。

「じゃあ、転送する。」
と言って電話を切ったのだけれど、ダンナからも登録先からも全然メール来ないんですけど。


何回か同じやり取りをした末、ダンナが私のメールアドレスを書き間違っていることが発覚。
接種申し込みも間違ったアドレスでしたようです。


そんなんメール来るわけないやん



ダンナが電話してきたのは、接種の副反応で二人とも発熱、なんてことになるとジジババも遠くて頼る人もいなく困るので、日をずらそうという思惑があったのです。
でも、そんなことしてるうちに、枠が埋まりつつあって、もういいから、「あなた、好きな日申し込みなさいよ」と言って電話を切りました。


担当の人にアドレス間違いを伝えてくれたそうだけど、音沙汰無し。
今日は金曜だし、予約できるの来週かな?






それよりもダンナ何なん?
腹立つわ


まず、数日前にメールアドレス聞いてきたのよ。

そもそも、そこがなんで?
ダンナ携帯とは何回もメールやり取りしてるのに。


でも、私ちゃんとアドレス書いてメール送ったよ。
それをコピペしろよ。

コピペせずに書き写して間違った。
老眼だからfとかtとかわからん、とか言いだし、終いにはアドレスが紛らわしいから悪い、て言ったよ。
ほんま、何なん?


老眼だのなんだのと言うなら、コピペしろよ、コピペ!



普段からちょっと抜けたところがあって、そこも面白くて好きだったんだけど、これは笑えん。
でも、笑ってるけど。
苦笑

将来、このことを思い出して笑えるようになっていればいいなあ。
私も家族もこれ読んでくれてる人も、そうじゃない人もみんな無事に乗り切れますように。








cutie4 at 13:14│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
わが母の教え給いし歌の呪い