2020年05月

2020年05月30日

今日の制作物。水筒の紐につけるカバー。

息子くんはなぜか水筒の紐を首にかける。
普通は片腕も通して斜めに 掛けるよね。
腕に掛けようとすると嫌がる。というか拒否。

紐が硬いので首を守るために、キルティング生地でカバーを作りました。
園グッズの座布団カバーの残りです。




A5307118-5BD5-4E05-93C9-2955D598C766







65925090-AE6D-4E4C-A291-6409DE1CFB0D




着けてみるとこんな感じ↑ クロスしわくちゃ見なかったことに。

息子くんの首を守っておくれ。


もうちょっと幅短いほうがよかったかな?
まあ、いいや。


作り方
生地の端をバイアステープでくるんで、三つ折りできるようにマジックテープ縫い付ける。
おしまい。


 






↓よかったらどれか押していってください。とっても喜びます

にほんブログ村 子育てブログ 2017年早生まれの子へ  にほんブログ村 子育てブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 40代女性日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村







cutie4 at 02:36|PermalinkComments(0)作ったもの | 手芸

2020年05月29日

ああ、イモムシさん。【閲覧注意!虫写真有り】

幼稚園から帰って来た息子くん。疲れて機嫌が悪い。


「ママ、虫さんのゴハンのイモムシさん買ってきたよ!一緒にあげよう!」
 

うふ 喜んだ
袋に入ってウネウネ動くジャイアントミルワームを見せる。


「わあ
息子くん、ヨコヅナサシガメのプラケースではなく空のプラケースを指して、
「ここに入れる!・・・・あっくん(仮名)、飼う


ズコー


なんと、自ら虫を増やしてしまいましたよ。しかもお金だして


一応説得を試みたけれど、意思は固く。
うーん、大きいイモムシさん、インパクトあるよね。


それなら、コガネムシさんをあげたら?ヨコヅナサシガメさんお腹空いて死んじゃうよ!
と、言ってみたが当然息子くん拒否。
飼って数日とはいえ大事なペットである。

母が悪かった

実は言ってはみたものの、ここのところ根っこを食べるところを観察していたので愛着が湧いてしまい、エサとしてあげたくない気持ちがあったので、内心ほっとしている。
お姉ちゃんに呆れられたよ



でも、ヨコヅナサシガメさんにも食事が必要。

よく考えて、冷蔵庫にあったミンチを3粒丸めてラップにのせてケースに入れてみることにした。




結果は↓↓↓↓↓        
 虫の写真有り。閲覧注意!



 
続きを読む

2020年05月28日

エサ用イモムシ購入。

自ら息子くんに虫を持ち帰るように仕向けてしまったが、スムーズな登園のため。
虫は苦手です
でも、飼うのなら責任がある。仕舞い込んでいたプラケースを出してくる。


ゴハンはとりあえずTVの前のコガネムシさんで。
捕食シーンを見たら、もう虫さん要らないて言うかも、だし、他に用意はしなかった。


で、無事虫さんを連れてニコニコ息子くんが帰ってきたのだけれど、コガネムシさんをあげるのはダメだと言う。

うん、まあそうだな。明日エサ用昆虫買って来ようか。


ミルワームというらしい。母が小鳥にあげていたのを一度だけ見たことがあった。
この地に引っ越して来て3年目だが、買物はほぼ生協の宅配を利用している。
なのでペットショップがどこにあるのかわからない。
翌日ネットで調べて、ホームセンターに出かけて行った。


売ってない。生体を取り扱っていなかった。あるのは冷凍の赤虫だけ。

次の店、熱帯魚やさん。ここも買うつもりのミルワームは置いていなかった。
ただ、爬虫類も取り扱っていて、エサの虫は他にもあった。

ワラジムシ。小さい透明カップに沢山入っていた。
店員さんの一番のおすすめだったが、足がダメ鳥肌が立つ。
それにダンゴムシなら家の周りにいっぱいいるよ。

コオロギ。見せてもらわなかったが、お断りした。
ちょっと大きい気がするし、食べるかわからん。
虫さん動きがトロいし、捕まえられなさそう。
それに逃げ出したら困る。触れないし。

そして、ジャイアントミルワーム。
買おうと思っていたミルワームの巨大なやつ。
7センチぐらいある。ウネウネ元気よくうねっていた。うえっ
お店の人は大きさを心配してくれていたが、ヨコヅナサシガメには一番適しているように思えた。


特別にお試しで1匹だけ購入。最少購入数は10匹だそう。



虫は気持ち悪いが、息子くんとエサやりするのは少し楽しみというちょっと複雑な気分。
エサ虫には気の毒だしね。
ヨコヅナサシガメさんも食べなきゃ死んじゃうし。

とにかくエサを入手できて、ほっとする。



実は生き物の観察は大好き❤
熱帯魚を飼っていた時は何時間も水槽の前で観察して過ごした。
虫は苦手で対象外だったのだが、なんとなく楽しみになっている。


自分の変化が怖い













 ↓よかったらどれか押していってください。とっても喜びます

にほんブログ村 子育てブログ 2017年早生まれの子へ  にほんブログ村 子育てブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 40代女性日記へ  にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

2020年05月27日

虫は苦手なんだけど。

息子の幼稚園は虫を捕まえると、お土産に持たせてくれる。
きっと持ち帰るだろう。餌や飼育環境等を下調べしておこう。

虫のサイズと色で名前を調べられるサイトがすぐに見つかり、早速調べる。
便利な世の中だね


サイズは3センチくらい、全体は黒で、同じく黒い小さい羽からお腹部分の背側(変な言い方上から見える部分ね。)がはみ出ている。そこは白と黒のシマシマ。お腹に鮮やかな赤い点々。



すぐに見つかった。

名前はヨコヅナサシガメ。カメムシの仲間らしい。


肉食。ストロー状の口を獲物に刺し、消化液を注入。体液を吸う。
蛾の幼虫等を食べるらしい。


蛾の幼虫って、イモムシか
そんなのどこにいるんだ?



・・・・実はいた。蛾ではないけど。
週末にベランダで育てている瀕死のローズマリーを植え替えた。
鉢の中からコロコロ幼虫とサナギが出てきて、それを見ていた息子くんは大喜び。
飼いたいと言うので、海苔の空き容器に少しの土を入れて、観察しやすいようにTVの前に置いていた。(虫ゴメン!環境悪いよね)


幼虫、ヨコヅナサシガメのゴハンにしたらあかんかな?
・・・・息子くんと相談だな。



幼虫、ネットで調べるとコガネムシらしい。
植物の根を食害するそうだが、コガネムシなら成虫になってもそんなに気持ち悪くないし外に出せばいいので、息子くんの希望を叶えてあげていたのだ。

食べられるのかわからないけれど勝手に増えて困っていた子宝草も入れてみた。
苔テラリウムを作ってみたいと思ってたので、ベランダに自生する苔も入れてみるつもりだった。
自覚はなかったけど、虫を飼っていた。

50794F4C-EF34-4AE4-9A1F-62BC2FF762F4


さて、帰ってきた息子くん、虫を持っていなかった。

ほっ 


ところが、本当は持ち帰ってパパやお姉ちゃんに見せたかったようで、ぐずぐず言い始めた。

「むちたん(虫さん)幼稚園に忘れた」 
かなりしょげている。


ここは、息子くんに寄り添おう。
「そうか、残念だったね。明日幼稚園に行ったら、先生に持って帰りたいです!て言ってみたら?」 

行きたくない幼稚園に行く理由もできるしね

「虫持って帰りたいです!」と先生に言う練習をして、笑顔になった息子くんにワンカップ焼酎の空きプラ容器にでかでかと名前を書いて持たせてやった。










↓どれか押してもらえたら、嬉しいな

にほんブログ村 子育てブログ 2017年早生まれの子へ  にほんブログ村 子育てブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 40代女性日記へ  
にほんブログ村
 

2020年05月26日

出会い。

今年幼稚園に入園した下の子、おうちがい~い!と言って通園を嫌がる。
コロナ禍で休園だったので通ったのはまだ5日ほど。
とっても楽しそうな園を選んだのに彼はまだあまり楽しめていないらしい。
ゆっくりゆっくり歩いて通園する。


ふと立ち止まる。視線の先には虫がいる。
3センチぐらいの初めて見る黒い虫。

その場で少し観察した後、私は「虫さん、バイバイ~!」と言って、子の手を引いて歩き出す。
子「むちたんみるー!」と走って戻る。
そんなやりとりを2度して、子、虫の前で動かなくなる。


幼稚園に遅れるよ~
虫をなんとかせねば、と思うが、どうしよう
とてもゆったりと動く虫で飛んで行く気配もない。
これは、捕まえて持たせるしか方法がないのでは?

虫、よう触らんし!


突然、通園バッグの中に予備のマスクを入れている袋があることを思い出す。

捕獲は簡単だった。動きが遅いのだ。小さい羽も着いているが飛ばなかった。
袋に無事滑り込ませることができた。



「虫、園長先生に見せよう!」
「うん!」(しめしめ


虫入りの袋を持って意気揚々と園に向かう。
園に着くと先生が「虫さん、籠に入れようね!」と、子の手を引いて門の中に。


虫、ナイス!








↓よかったらどれか押していってくださいませ。

にほんブログ村 子育てブログ 2017年早生まれの子へ  にほんブログ村 子育てブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 40代女性日記へ  にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村